設置場所の是非を考えてみると・・・

sunlight-422710_640.jpg

 太陽光発電設置を検討するに際して、気になるのはその土地の日照条件ですよね。
日陰の出方などは、土地ごとに異なるとしても、日射量日照時間を合わせて検討したいところ。
幸い、1号発電所の近傍に気象観測所があるので、1年の日照時間日射量を確認してみました。
ま、後追いなんですけどね。

都道府県別 年間日照時間ランキング(過去31年間の平均)

順位都道府県平均日照時間
1位山梨県2215.9時間
2位高知県2183.5時間
3位群馬県2143.0時間
4位宮崎県2142.8時間
5位静岡県2134.8時間
6位長野県2128.4時間
7位和歌山県2126.3時間
8位徳島県2124.6時間
9位岐阜県2121.4時間
10位愛知県2120.2時間


1号発電所設置場所近傍:
2003.7時間
(過去17か月の、12か月平均)

 う~ん・・・全国Top10レベルに届いてないですね・・・

 とはいえ、22位千葉県(2003.9時間)並みにはなっていそうということはわかりました。

でもって。これを、「日射量」でみてみるとですよ。

1号発電所設置場所近傍:
5259.54MJ/㎡
(過去17か月の、12か月平均)

 となるのですが、やんころりんさんのサイトにある気象庁データをつかうと、Top5位の数字になるということが分かっちゃいました!
晴れ 快晴 晴

 まぁ、これを踏まえた設備価格提案をされていたら、元も子もないんですけどね・・・(汗

 少し、近傍での土地探しも力入れてみようかしら?

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 日射量 日照時間

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

日射量と発電量の推移

sunlight-422710_640.jpg

 1号発電所2号発電所は直線距離で数kmの距離にありますが、近隣に農業用の気象データを取得している地点があり、そこの気象データをメモしています。

 ここ数か月の天候不順(=発電不順)がいかほどのものなのか、日射量の推移と合わせて確認してみましょう。
まず、日射量


日射量月次推移
345678
日射量(MJ/㎡)477.7554.2621.1634.2555.5460.1
前月比---16.01%12.07%2.11%-12.41%-17.17%


 ものの見事に、7,8月が前月比で減少してますね。
さて、ここで、1号発電所2号発電所の月間発電量を重ねてみますと・・・

345678
日射量(MJ/㎡)477.7554.2621.1634.2555.5460.1
前月比---16.01%12.07%2.11%-12.41%-17.17%
1号発電所7041.17263.27032.27503.85960.75579.3
前月比---3.15%-3.18%6.71%-20.56%-6.40%
2号発電所7895.7258366.68760.758475.387394.66619.149
前月比---5.96%4.71%-3.26%-12.75%-10.49%


まぁ、一概に相関があるとはいえませんが・・・4,5月と日射量は伸びていても、そこまで発電量が伸びなかったり。
日射量ほど発電量が落ち込んでいなかったり・・・

 1,2年の傾向をきちんとみていきたいですね。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 パフォーマンス 日射量 1号発電所 2号発電所

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

9月の発電実績と日射量

dsc_0065jpg_28970943865_o.jpg

 みなさんご存知の通り、太陽光発電の発電量に相関する気象データとしては、

日射量
日照時間

 が挙げられるかと思います。

 日照時間は、「直達日射量が120W/m2以上である時間」とされていますが、実際ソーラーパネルは、この基準に達していないときでも、発電していますよね。

 そこで、次なる「日射量」となるわけですが、この日射量との相関関係を継続的にモニタリングするために、ソーラークリニックを利用しています。日射量の測定地点が限られているために、設置場所どんぴしゃの日射量データではありませんが、近似値として捉えています。
特に、家庭用太陽光の設置場所は、実際日射量測定地点でもあるので、実際の条件に近似していると捉えてモニターしています。

 1995年以来最低水準だったとのふれ込みである、9月はどうだったのでしょうか。
ソーラークリニックで確認できる、発電量と、パネル面日射量の「比」で確認してみましょう。

家庭用太陽光 - 増設前系統 0.74
家庭用太陽光 - 増設後系統 0.79
1号発電所 0.81

 おやおや。家庭用太陽光は同じ設置屋根(面)なので、設置角度も同じはずですが、比の数字がだいぶ異なりますね・・・
増設後系統の方が、日射量に対してよく発電しているということになります。

 ちなみに、この増設前(から稼働している)系統は、1年前の9月は0.77という比をはじき出していますが、10月になるとそれが、0.72なので、0.74は全体としてはありえない数字ではありませんが、とはいえ、1年前と比べても5%ほど比が悪化しているわけです。

 単純に気象条件がこうしたのか。あるいは、早くも劣化なのか。
少し踏み込んで調べてみようかと思います。



太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 日射量 日照時間 パフォーマンス 1号発電所 家庭用太陽光 産業用太陽光

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

CISはやっぱりすごい!

surprised-1184889_640.png

結論:やはり(たぶん)CISはスゴい!

「地元メガソーラーとの出力比較」など、ソーラークリニックでの日射量データとの相関性を比較されている「元太陽光発電技術者の道楽ブログ」さんにならって、自分の稼働中太陽光である、家庭用太陽光の状況を確認&比較してみました。

家庭用太陽光のパネル日射量と発電量の比
 graph2.png
*データは2015年4月~2016年2月実績です

 1月は1週間の積雪、無発電期間があるので、イレギュラーですが、全体としての平均は、

0.72

 でした。

 屋根の傾斜が比較的低いので、やはり6月の夏至のころに比率が上がっているのだと思います。
で、気になってですね・・・

 近所の発電所をちょっと拝見させていただいたんですよ。
特に、産業用の1号発電所で使う、CIS採用の発電所を。

 2か所の全期間(それぞれ3~4年ずつ)を総合計した、日射量比は、なんと!

0.88

 もう、ビックラポン!です。

 日照条件の違いももちろんあるとは思いますが。
それにしても、スゴすぎ。

 ちょっと淡い期待しちゃいますね、ソーラーフロンティアさんに。
(しかも、過積載!)



太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 パフォーマンス 日射量 ソーラーフロンティア

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
2号発電所(78), 産業用太陽光(182), 土地(2), 野立て(1), 3号発電所(11), 日射量(4), 日照時間(2), 1号発電所(92), 確定拠出年金(37), NISA(27), ヤマシンフィルタ(8), パフォーマンス(161), 個別株(66), 401K(40), SMA(15), SUNTECH(16), ソーラーフロンティア(48), シャープ(15), 家庭用太陽光(64), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), つみたてNISA(5), 個人年金保険(1), iDeCo(4), ETF(5), ジュニアNISA(5), バリュー平均(5), キャンペーン(10), 定期預金(12), 楽天銀行(2), 4号発電所(1), 太陽光発電(12), 費用(1), コスト(1), 融資(6), 増設(1), あかつき本社(1), 決算確認(29), ラサ商事(4), ルネサンス(7), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), みずほフィナンシャルグループ(9), プロネクサス(10), 積立(2), 意見交換会(1), 金融庁(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), 草刈(2), 株主優待(4), 配当(9), バリューパス(1), CIS(7), 売却(2), 投資信託(6), 資産運用(1), 除草剤(1), 2周目(2), 長期投資(1), ロールオーバー(2), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 過積載(4), 新FIT法(1), 日産自動車(1), 太陽化学(1), 無リスク資産(2), JHR(1), REIT(1), 積み株(1), 監視カメラ(7), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), 防草シート(1), SunnyPortal(2), エコめがね(5), WebConnect(1), 大戸屋(1), 第一商品(2), 農地転用(7), やってもうた(4), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), パナソニックソーラー(1), 入金(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), 連系負担金(2), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), 貯蓄(11), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ウェルスフロント(2), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), インデックス(1), インデックス投資(1), Wealthfront(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), ポートフォリオ(1), FIT(1), 固定買取制度(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30