2017年10月のリスク資産推移

貯金 銀行 saving bank

個別株、ETF、投資信託などの、リスク資産状況を確認します。

fullportfolio 総資産 リスク資産

 10月末現在でのポートフォリオは上記グラフの通りとなっていますが、下記分を計算から除外しています

1. 個人向け国債(これは防衛資産としての位置づけのため)
2.待機資金(売却資金を、株式等でないアセットへ投資する可能性があるため)

 10月のハイライトは間違いなくテンバガーに化けたヤマシンフィルタの売却ですが、それを売却してもなお、日本株式、日本REITがすこし高めなんですよね・・・

 日本株は、優待や高配当銘柄をいくつか保有していること。
日本REITは、タカラ・レーベン・インフラ投資法人をそこに分類しているからかな。

 全体の推移としては、下グラフの通り。
※2016年9月を100としています
RiskAssetTrend_201710.png

 ヤマシンフィルタの売却があったため、個別株/ETFセグメントがマイナス推移となっていますが、全体としては微減にとどまっています。つまるところ、売却分を補う評価額増(と追加投資)があったということになります。

 売却については、

・バリューパスをオーバーアチーブしている状態
NISAロールオーバーを視野にいれた「枠開け」と、損失回避のための「利益確定」

 を視野に入れながら、適宜実行していくつもりです。

 じゃぁ、タイトルにあるところの、

「長期投資はなんなんだ?」

 というのは、ぢつは最近特に意識しているジレンマでありまして・・・
2018年のNISAプランから、ジュニアNISAプランまで。
要するに、非課税枠をどう使おうか?という観点で「月下の門」状態であります・・・(汗


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ パフォーマンス 確定拠出年金 401K NISA 個別株 ヤマシンフィルタ

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年10月の401K

401K

 企業型での拠出を再開してからおよそ半年を経過した、401Kの運用状況を確認します。

401K_201710.png

 10月末現在での評価額ベースでの資産配分は上記の通りとなっていまして、海外(先進国メイン)株式が多くを占めています。
これは、

・運用期間がまだ20年あること
・100-年齢=株式比率 で考えていること
・NISAも活用した積み立てをメインで考えているので、全体のポートフォリオはもう少しディフェンス型であること

 を加味しての設定です。

 移管前の4月資産評価額からの推移としては、相対値にはなりますが、

4月資産:100
10月末資産:118.44

 にまで伸びており、バリューパスを上回っている状態です。
ボチボチ、リバランスでしょうかね・・・

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ パフォーマンス 401K 確定拠出年金

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

個人年金保険って・・・

surprised-1184889_640.png
 まったくの余談記事ですいません。
インデックス投資関係のブログを拝見していると、私自身と生活環境(家族構成とか)が類似している方をチラホラお見受けしまして、そんなブロガーの方々が良く取り上げられているのが、保険商品への加入是非。

 私自身は、

・個人年金
・終身保険
・収入保障(団信代替として)
・ガン保険

 と、保険商品オンパレード状態ですが、特に上2つの、個人年金と終身保険については、生命保険料控除を念頭に10年以上前に契約しています。

 が、当時はインデックス投資は、複利ベースでの平均利回り等にまだ疎い時代。
「これで、(わずかながらも)節税だ!」と喜んでいた頃です。

 今般、某保険会社様より、個人年金の現況確認書類が来たので、当時持ち合わせていなかった、長期投資やら、複利計算等々を駆使して、あらためて保険商品。特に、個人年金について考えてみました。

 まぁ、それはそれはビックリな事実に遭遇しちゃうワケですが・・・

<加入状況>
・月額9千円を積み立て。理由は特になくて、控除枠の年10万円を満たすため
・60歳払込完了、60歳からの10年受領
・払込期間は33年
・現在の受け取り年金は、年額431,649円(10年で4,316,490円)

<試算条件>
・仮に、月9,000円を積立投資したと仮定。
・年利3%で運用できると仮定
・60歳払込完了時の運用益、および、さらに10年後年金受領後の残金(=保険会社の儲け相当)を確認

<結果発表>
60歳払込完了時:
積立金額累計3,564,000
運用益2,384,407
合計5,948,407


10年間の支払完了後:
余剰金:3,045,789

 ということで、33年間コツコツ支払い続けた金額、3,564,000円に相当する3,045,789円が余剰金として残る・・・のですが、これはモチロン保険会社の懐に消えるわけですね・・・

 33年の支払期間中における死亡保険金という側面はたぶんにあるわけですが、終身保険と異なるのは、一定金額が常に約束されているわけではないということ。

 今更でアレなんですが、生命保険料控除による節税ができるとはいえ、極めて優先度の低い選択肢だったのかな?とも思えてきました。払込期間中の死亡保険は終身。特に、逓減型の終身保険でも賄えるわけですし、60歳以降の蓄えのためであれば、今ならiDecoが最右翼なワケですし・・・

 


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 確定拠出年金 iDeCo つみたてNISA 個人年金保険

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

新装再開店(?) - 確定拠出年金のポートフォリオを確認します

401K

 今年度から、拠出を再開した、確定拠出年金ですが、拠出を再開して4か月。
機関移管に際してのID再設定等であまりできていなかった、ポートフォリオの再確認をしておきましょう。

参考記事:
移管完了とポートフォリオ見直し - 2017年6月の401K

 9月21日現在のポートフォリオは、下記図のようになりました。
401K_201709.png

 ちなみに、移換直前は・・・
401k_Portfolio_201703.png

 外国株式比率が高くなっていますが、まだ20年程度運用期間があることや、他の投資区分(NISAなど)とのトータルバランスで考えています。

 毎月の拠出金は全額リスク資産へ回す一方、現在確保されている「元本確保型=13.2%」は、いわゆる待機資金でして、バリュー平均アプローチでのギャップフィル用に確保しています。
太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 401K 確定拠出年金 バリュー平均

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

移管完了とポートフォリオ見直し - 2017年6月の401K

401K

 企業型拠出への移管も完了した、確定拠出年金(企業型のほうで、iDeCoではない)ですが、バリューパスを上回る推移で6月を終えました。
#リバランスは3か月に1回をメドに運用を変えています

 他方、運用商品については、

三菱UFJ プライムバランス(8資産)(確定拠出年金

 の一択で始めており、以下のようなポートフォリオになっていますが、
401K_201706.png

・コスト高(0.388%、2016年5月20日実績ベース)
・債権比率の高さ(日本債券42%)

 から、下記商品の組み合わせへ変更しました。

・三菱UFJ プライムバランス(安定成長型)(50%、0.2484%)
・野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(50%、0.2376%)

 0.1%程度のコスト圧縮が出来ますね。

 ちなみに、移換直前の旧ポートフォリオはこんな感じ。
401k_Portfolio_201703.png

 先進国株式と、国内債券が逆転しているようなカタチですね・・・(汗

 待機資金については、毎月の拠出金からは回していないので、今後比率は下がっていくことになるでしょう。
バリューパスとの乖離確認時に、増減することになりますね。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 確定拠出年金 401K パフォーマンス バリュー平均 バリューパス

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
2号発電所(78), 産業用太陽光(182), 土地(2), 野立て(1), 3号発電所(11), 日射量(4), 日照時間(2), 1号発電所(92), 確定拠出年金(37), NISA(27), ヤマシンフィルタ(8), パフォーマンス(161), 個別株(66), 401K(40), SMA(15), SUNTECH(16), ソーラーフロンティア(48), シャープ(15), 家庭用太陽光(64), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), つみたてNISA(5), 個人年金保険(1), iDeCo(4), ETF(5), ジュニアNISA(5), バリュー平均(5), キャンペーン(10), 定期預金(12), 楽天銀行(2), 4号発電所(1), 太陽光発電(12), 費用(1), コスト(1), 融資(6), 増設(1), あかつき本社(1), 決算確認(29), ラサ商事(4), ルネサンス(7), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), みずほフィナンシャルグループ(9), プロネクサス(10), 積立(2), 意見交換会(1), 金融庁(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), 草刈(2), 株主優待(4), 配当(9), バリューパス(1), CIS(7), 売却(2), 投資信託(6), 資産運用(1), 除草剤(1), 2周目(2), 長期投資(1), ロールオーバー(2), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 過積載(4), 新FIT法(1), 日産自動車(1), 太陽化学(1), 無リスク資産(2), JHR(1), REIT(1), 積み株(1), 監視カメラ(7), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), 防草シート(1), SunnyPortal(2), エコめがね(5), WebConnect(1), 大戸屋(1), 第一商品(2), 農地転用(7), やってもうた(4), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), パナソニックソーラー(1), 入金(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), 連系負担金(2), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), 貯蓄(11), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ウェルスフロント(2), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), インデックス(1), インデックス投資(1), Wealthfront(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), ポートフォリオ(1), FIT(1), 固定買取制度(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30