2018年3月の太陽光発電 - 全量売電の2号発電所は?!

晴れ 快晴 晴

 1号発電所同様に、お彼岸というのに銀世界になっていた2号発電所の3月の発電実績を確認します。

SolarNo2_201803.png

 3月全体としては、8420.69kwhを発電しまして、パネル1kw、1日あたりにすると、3.92kwh/kw/日でした。

1日当たりの最高発電量は385.12kwhを発電しまして、パネル1kw、1日あたりにすると、5.52kwh/kw/日でした。
SolarNo2_201803Max.png

 2月から3月にかけて「グン!」と発電量が伸びてくる理由がよくわかりませんけども、30度架台の角度が最適なシーズンになるのか・・・それとも、現地の気候が安定してくるのか。

 1号発電所のように「史上最高」記録とはなりませんでしたが、それでも早くも5月並みの発電量をマークしてます。
4月はどうかなぁ・・・??
 

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 パフォーマンス 2号発電所 SUNTECH SMA 過積載

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

太陽光発電 - 過積載の影響はいかほどに?

Overload, 過積載

 買取価格が下がってきた今、必須アイテム(?)ともいえる過積載
つまり、

パワコン容量<パネル容量

で設計することですよね。

 過積載によるロスって「なんとなく・・・」なところが無きにしも非ずですが、
今回、メーカーさん純正(?)の過積載シミュレーションをいただくことができました。

 これだけだと、「なーんだ、フツーに出てくるシミュレーションじゃん」になってしまうのですが、ミソは、
業者さんが、気を利かせて(?)、過積載の影響を考慮しないケースも出してくれたこと。
これらを比較することで、過積載による歩留まり状況を大まかに確認できるわけです。

 ということで、大公開!
パネル(kw)パワコン(kw)過積載率考慮前(kwh)考慮後(kwh)過積載の低下率
81.948.6169%102,63599,607-3.0%
35.819.8181%44,27641,389-6.5%
59.243.2137%73,82473,575-0.3%
18.210.8169%22,81422,139-3.0%

 ということで、過積載169%にしても、そのロスは3%程度。
ただし、さすがにリニアではなくて、181%にまで上げると-6.5%と影響が増えますね・・・

 この1年あたり売電量減x20年
 vs
 パワコン1台増設

 がどうバランスするかといったところでしょうか。

 と、この観点でサッと試算すると、

1年あたり売電量ロス=2,887kwh
x
20年 = 57,740kwh
x
21円 = 1,212,540円(税抜)

 となって、20年で1,212千円のロスか・・・
これならパワコンもう1台で過積載率142%にすれば、過積載による低下率はほぼなくなるということは・・・(汗



太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 SUNTECH 過積載 5号発電所 6号発電所 7号発電所

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

[太陽光編] 2017年を振り返って・・・

2017 2018

 続いても2017年行く年の総決算(?!)、太陽光編です!
こちらもTop3の発表で参りましょう!

1.2号発電所売電開始!
 2017年は、まずはこれは外せないかなと。
手塩にかけてきた2号発電所が1月に連系しました。

 農地転用やら、隣地折衝、樹木伐採など、かなり自身でも手を動かしてきた案件でもあったので、ひとしおでした。
また、監視カメラWebConnectなど設備面でも工夫を凝らしたのも2号発電所稼働後でした。

 連系直後にパネルがふっ飛ぶというアクシデントがあったり、冬場の午後日照が芳しくないといったネガティブ要素ありながらも、40%過積載も功を奏してか、シミュレーションを数%上回る結果の1年目となりそうです。

2.みなし認定完了!

 今年はこれは避けて通れないですよね。
事業計画に、フェンスに、看板。

 フェンスはすでに準備しており、設備工事時に合わせて取り付けておきましたが、看板は盲点だったなぁ、さすがに。
これも取扱業者さんが沢山出てきたので、サッと発注して取付も完了。
家庭用も産業用も無事認定を得て、残り期間キッチリ売電させていただきます!

3.まちエネ大学への参加
 3つ目は、21円物件仕込と迷ったのですが、こちらをチョイス。
太陽光って、業者さんと自分という1対1の関係でなりたってしまう側面があると思いますが、これに風穴をあけてくれそうなコミュニティ形成の機会として捉えています。

 来年2月には講座が終わってしまいますが、その後も何かの活動につながればなと。
「ひとり」から「みんな」の再エネ活動の契機となるか?!

 以上、太陽光の2017年振り返りでした。


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 2号発電所 WebConnect まちエネ大学 監視カメラ 過積載

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

過積載の効能やいかに?

Overload, 過積載

 1号発電所は、パワコン容量に対して10%強。
2号発電所は40%強のパネル容量で構成しています。

 気になるのは、このパネル容量が上回っていることが、どれくらいパフォーマンスに影響してくるか?ですよね。
ちなみに、4/25現在での、3月と4月の発電量は、

1号発電所2号発電所2号/1号
3月7,101.6kwh7,895.7111.2%
4月6,531.87,072.0108.3%

となっていまして、おおむね10%程度の差異になっています。

 日射量データとの相関でいくと、
PowerByInsolation_Comparison201703.png
PowerByInsolation_Comparison201704.png

 となりますかね。

 まったく違う観点で、まず気付いたのは、4月になって日射量が増えているなぁということ。30MJ/㎡もざらにありますね。

 他方、気になったのは、1日当たり日射量が20MJ/㎡あたりでみると、3月は近似曲線との交点が300kwh~330kwh付近になっている一方で、4月はそれが270-300kwh付近へと、10%くらい下がっているんですよね・・・

 これ、もしかすると20MJ/㎡を超えるあたりでピークカットによって日射量1単位あたりの増加に対する発電量の伸びが抑制されているのかも?

 というのも、15MJ/㎡付近の3,4月差異が小さくなっているので。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 2号発電所 パフォーマンス 過積載

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

過積載の費用対効果検討 - 全発電実績からの試算

Overload, 過積載

 さて、さて。
過積載率Upに対して、追加費用を投じるべきか否かの大(?)検証も第三弾。

c.) これまでの1時間ごとの売電量をベースとして、どれくらい全体で売電量増が見込めるか

の目線で考察してみましょう。

 1号発電所の1時間ごとの発電量データをベースに、過積載を増やすことで得られる売電量が、投資金額の増加率を上回るかを確認します。

 この作業は、裏を返せば、過積載・中程度プランと、さらに過積載プランを比較検討するにあたり、許容できる投資金額の増加率の基準探索をしているとも言えますね。

 これまで同様に、CIS-->結晶型への補正をかけたうえで、中程度プランと「さらに過積載」プランでの想定発電量を、パワコン容量を勘案しない場合と、勘案する場合で確認しますと、

パネルサイズ(kw)想定発電量
(PCカット前,kwh)
想定発電量
(PCカット込, kwh)
69.321,979.4321,682.08
79.3825,176.4324,096.61
増加率+11.13%


 ごらんのとおり、こちらも投資金額の増加率+8%を上回る結果となりました。

 と、いうことで、

a.) 最大発電時にどれくらい発電量増が見込めるか。
b.) 各時間別の平均発電量をベースとして、どれくらい売電量増が見込めるか
c.) これまでの1時間ごとの売電量をベースとして、どれくらい全体で売電量増が見込めるか

 の3つの観点から過積載の拡張妥当性を考察しますと、どうもしたほうがよさそうです。
ただし、資金調達や余剰自己資金に十分にゆとりがある場合ですよね、もちろん。

 この意思決定には、フェンスやパワコン変更等の見積シナリオを加味された最終見積もりの金額と同様に、融資枠の確定も大きな判断材料となります。融資方面については、確認してみようかな。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 2号発電所 過積載 パフォーマンス 産業用太陽光

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
お問合せはコメントかこちらからどうぞ! follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
産業用太陽光(318), 3号発電所(36), SUNTECH(27), 2号発電所(111), ソーラーフロンティア(59), 1号発電所(113), シャープ(22), パフォーマンス(194), 家庭用太陽光(74), 株主優待(14), NISA(48), 配当(18), 個別株(88), 保険(1), 償却(1), 消費税(2), ロールオーバー(3), 小規模企業共済(1), 18円案件(1), 政策金融公庫(1), 融資(16), 5号発電所(27), 6号発電所(10), 7号発電所(19), 21円案件(5), 投資信託(10), 定期報告(3), 土地(14), ニセアカシア(1), 停電(2), 確定拠出年金(45), 401K(48), バリュー平均(8), 農地転用(15), 倒木(1), 台風(1), 設置費用報告(2), ETF(10), ポートフォリオ(2), 生産性向上特別支援(3), シミュレーション(4), 連系負担金(5), 住民説明会(5), 4号発電所(13), 草刈(3), WebConnect(5), やってもうた(6), 第二種電気工事士(2), パイプライン(1), ジュニアNISA(13), 法人設立(4), 太陽光発電(18), 定期預金(14), フェンス(2), 開発規制(1), KDDI(2), 8号発電所(1), みずほフィナンシャルグループ(10), iDeCo(5), 認定(1), 防草シート(2), 決算確認(31), ルネサンス(8), ラサ商事(5), プロネクサス(12), キャンペーン(11), 貯蓄(12), 監視カメラ(11), LTEルーター(4), 申請不備(2), 過積載(7), SMA(19), インヴィンシブル投資法人(1), 兼業(2), すかいらーく(1), ジャパン・ホテル・リート投資法人(1), 確定申告(3), 米国株(3), まちエネ大学(3), タカラレーベンインフラ投資法人(1), 伐採(1), IXP(1), PFF(1), VT(1), T(1), JXI(1), NGG(1), つみたてNISA(7), ヤマシンフィルタ(10), エコめがね(6), 土地契約(1), 土地決済(1), 法人化(1), 日産自動車(2), Qcells(1), 野立て(1), 日射量(4), 日照時間(2), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), 個人年金保険(1), 楽天銀行(2), 費用(1), コスト(1), 増設(1), あかつき本社(1), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), 積立(2), 意見交換会(1), 金融庁(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), バリューパス(1), CIS(7), 売却(2), 資産運用(1), 除草剤(1), 2周目(2), 長期投資(1), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 新FIT法(1), 太陽化学(1), 無リスク資産(2), REIT(1), JHR(1), 積み株(1), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), SunnyPortal(2), 大戸屋(1), 第一商品(2), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), 入金(1), パナソニックソーラー(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), ウェルスフロント(2), インデックス(1), Wealthfront(1), インデックス投資(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), 固定買取制度(1), FIT(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30