個人年金保険って・・・

surprised-1184889_640.png
 まったくの余談記事ですいません。
インデックス投資関係のブログを拝見していると、私自身と生活環境(家族構成とか)が類似している方をチラホラお見受けしまして、そんなブロガーの方々が良く取り上げられているのが、保険商品への加入是非。

 私自身は、

・個人年金
・終身保険
・収入保障(団信代替として)
・ガン保険

 と、保険商品オンパレード状態ですが、特に上2つの、個人年金と終身保険については、生命保険料控除を念頭に10年以上前に契約しています。

 が、当時はインデックス投資は、複利ベースでの平均利回り等にまだ疎い時代。
「これで、(わずかながらも)節税だ!」と喜んでいた頃です。

 今般、某保険会社様より、個人年金の現況確認書類が来たので、当時持ち合わせていなかった、長期投資やら、複利計算等々を駆使して、あらためて保険商品。特に、個人年金について考えてみました。

 まぁ、それはそれはビックリな事実に遭遇しちゃうワケですが・・・

<加入状況>
・月額9千円を積み立て。理由は特になくて、控除枠の年10万円を満たすため
・60歳払込完了、60歳からの10年受領
・払込期間は33年
・現在の受け取り年金は、年額431,649円(10年で4,316,490円)

<試算条件>
・仮に、月9,000円を積立投資したと仮定。
・年利3%で運用できると仮定
・60歳払込完了時の運用益、および、さらに10年後年金受領後の残金(=保険会社の儲け相当)を確認

<結果発表>
60歳払込完了時:
積立金額累計3,564,000
運用益2,384,407
合計5,948,407


10年間の支払完了後:
余剰金:3,045,789

 ということで、33年間コツコツ支払い続けた金額、3,564,000円に相当する3,045,789円が余剰金として残る・・・のですが、これはモチロン保険会社の懐に消えるわけですね・・・

 33年の支払期間中における死亡保険金という側面はたぶんにあるわけですが、終身保険と異なるのは、一定金額が常に約束されているわけではないということ。

 今更でアレなんですが、生命保険料控除による節税ができるとはいえ、極めて優先度の低い選択肢だったのかな?とも思えてきました。払込期間中の死亡保険は終身。特に、逓減型の終身保険でも賄えるわけですし、60歳以降の蓄えのためであれば、今ならiDecoが最右翼なワケですし・・・

 


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 確定拠出年金 iDeCo つみたてNISA 個人年金保険

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

NISAの積立金額総額を見直しました

office-1516329_640.jpg

 我が家では、夫妻ともにNISA積立を行っていますが、今後予定されている人生イベントとそれに伴う所得見込みを鑑みて、NISA積立金額を25%削減する見直しを行いました。

 具体的には、

・第一子の保育園通園が始まる(保育料の支出増)
・奥様の所得回復が遅れそうであること

 といった要素から、直近需要ではなく、余裕資金としての中長期的投資に回せる原資減が待ったなしであるためです。

 この判断に際しては、NISAを削るか、確定拠出を削るかで少し悩みましたが、非課税メリット期間が長く、拠出金、運用益と
最終的な給付金の3段階の非課税メリットをプラス評価し、確定拠出年金(401K,iDeCo)は現状維持としました

 家計全体での資産残高推移を注視しながら、まずは半年後メドに資産動向をチェックしてみたいと思います。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ NISA 401K 確定拠出年金 iDeCo

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

401K - 企業型か、iDeCoか・・・

 でもって、悩んでます。
primate-1019101_640.jpg
※この記事は401K - 拠出再開を前に・・・の続編です

 悩みのタネは、2つ目の

2.そもそも、企業型確定拠出へ移行すべきか?

 に移ります。

 気になっているのは、

a.) 管理手数料
b.) 商品ラインナップ

 の2点です。
おおざっぱに切り分けますと、

管理手数料ラインナップ
企業型高い(年額4~6千円?)少ない
凡庸なコスト(?)
個人型(iDeCo)安い
(安くできる 例:SBI証券)
多い
低コスト

 といったところでしょうか。

 ラインナップについては、企業型で選択可能な商品も決して高くはなく、パッシブ型のインデックスファンドもきちんとラインナップされていますが、やはり個人型で選択できるSBI証券や楽天証券等の商品ラインナップと比べると見劣りします。

 もう1つは管理手数料。すでにこれまでの拠出額+運用での残高が50万を超えていますので、

国民年金基金連合会 月額103円
事務委託先金融機関 (資産管理サービス信託銀行) 月額64円

 のみで大丈夫なのですが、企業型はどうやら運営管理機関手数料がちゃっかりかかりそうなのです・・・
この先20年間の運用を想定した場合に、どれくらいのコスト差が生じるのか、きちんと捉えておきたいところです。

 あと1つは拠出額でしょうか。幸い、現在の会社は、確定拠出を選ばない場合、相当金額を前払いしてくれますので個人型のみ入るとしても、原資には困らなそうなのですが、それがiDeCoの拠出額以上になる場合には、特定課税口座での運用になるでしょうから、この課税額分のコスト増も勘案すべき事項になりますね。

 もう少し時間がありますが、移換手続等の所要時間考えると、今月中には結論が必要かな。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 401K 確定拠出年金 iDeCo

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

やってもうたシリーズ:個人型401kを先走った件・・・

woman-1006102_640.jpg

 当ブログ恒例(?!)の「やってもうたシリーズ」です(汗
今回のご相談(?)は、ずばり。個人型401K(iDeCo)加入を先走っちゃった!です。

 あ、私自身ではなくて、家内のケースなんですけどね。
制度改定に合わせて、SBI証券へ個人型401Kの開設を進めていたんです。

が。開設申し込みしてから気づいたんですが、ワケあって、家内は2016年は収入もゼロ、所得もゼロなんです。
つまり。401K加入しても、控除されるべき所得が無いという・・・

 もちろん、将来への備えとして一か月でも早く始めるに越したことはありませんが。
所得控除という観点から考えると・・・(涙

 このあたりは、結構記事化されてきていたんですね。
アンテナ張り損ねてました。

注目度が高まる個人型確定拠出年金~専業主婦層は慎重な運用を、さらに別の落とし穴も~



太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 401K iDeCo やってもうた 確定拠出年金

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
野立て(1), 産業用太陽光(181), 土地(2), 3号発電所(11), 日照時間(2), 1号発電所(92), 日射量(4), 確定拠出年金(37), NISA(27), 個別株(66), ヤマシンフィルタ(8), パフォーマンス(161), 401K(40), 2号発電所(77), SUNTECH(16), SMA(15), ソーラーフロンティア(48), シャープ(15), 家庭用太陽光(64), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), つみたてNISA(5), 個人年金保険(1), iDeCo(4), ETF(5), ジュニアNISA(5), バリュー平均(5), 定期預金(12), 楽天銀行(2), キャンペーン(10), 4号発電所(1), 太陽光発電(12), 費用(1), コスト(1), 融資(6), 増設(1), あかつき本社(1), 決算確認(29), ラサ商事(4), ルネサンス(7), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), みずほフィナンシャルグループ(9), プロネクサス(10), 積立(2), 意見交換会(1), 金融庁(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), 草刈(2), 配当(9), 株主優待(4), バリューパス(1), CIS(7), 投資信託(6), 売却(2), 資産運用(1), 除草剤(1), 2周目(2), 長期投資(1), ロールオーバー(2), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 過積載(4), 新FIT法(1), 太陽化学(1), 日産自動車(1), 無リスク資産(2), REIT(1), JHR(1), 積み株(1), 監視カメラ(7), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), 防草シート(1), SunnyPortal(2), エコめがね(5), WebConnect(1), 大戸屋(1), 第一商品(2), 農地転用(7), やってもうた(4), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), パナソニックソーラー(1), 入金(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), 連系負担金(2), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), 貯蓄(11), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ウェルスフロント(2), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), インデックス(1), インデックス投資(1), Wealthfront(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), ポートフォリオ(1), FIT(1), 固定買取制度(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30