401k企業型、個人型併用とはいかず・・・

woman-1006102_640.jpg

 夢破れたり・・・といったところでしょうか。

関連記事:
401K
個人型確定拠出年金 改正法が成立

 現在401Kは、個人指図型として、追加投資ができない状況で運用しています。
また、勤め先は企業型401K制度を持っているので、来年4月からその権利を得られます。
ただし。指定運用先の商品ラインナップが貧弱でして。特に、一番欲しい低コストのインデックス商品が少ないために、可能性の1つとして、

・来年1月で、まず個人型へ切り替え
・加えて、4月から企業型と併用


 を考えていたのですが。

 なんでも、

「拠出額が少なるなるので」

 という、「?」な理由で、勤務先が併用を開放しない方針であることが分かりました・・・

 ということで、

来年4月に全額移管

 の一択となりそうです。

 ポートフォリオでも思案してみますかね・・・

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 401K

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

NISAメインの投資信託にもバリュー平均を検討します

males-1002779_640.jpg

 現在の私の長期投資積立は、

401K
NISA

 が主力ですが、これまですでに、401Kでは、月次レビューサイクルにてバリュー平均法を導入して運用しています。
他方のNISAは、ドルコスト平均積立+スポット購入となっています。

 NISAについては、現状非課税期間が5年となっており、ボチボチExitを視野に入れる必要があるように感じています。
まぁ、今となっては、そもそも「20年スパンでの長期投資すると言っているのに、5年期限の制度にのるんかい!」ってツッコミ満載なのですが、何はともあれ(?)そこから手を付けてしまった手前、それを「Given」として先を見据える必要があります。

 でもって。

 「Exit」のプランとしては、「売れるときに売る」を1つの方針としたいと考えているわけでして、その手段がバリュー平均ではと考えているところです。

 NISAトータルでは、ギリギリプラス状態ですが、どちらかというと不安要素の方が大きく見える昨今、あまり悠長なことを言っていられないかもしれず。ポートフォリオの中でも利ザヤが稼げているものは早々にExitしてしまうのも良いのか?とも思えてみたり・・・

 みなさん、NISAのExitプランをどうお考えなのでしょうかね・・・

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ NISA 401K バリュー平均

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

手元資金をどう利用すべきか? - 日本育英会奨学金の返済を完了しました

 14年かけて、返済を完了しました。

achievement-1238472_640.jpg

 本日、学生時代に給付を受けていた、日本育英会の第一種奨学金の返済を完了しました。
2年間にわたり、月額84,000円を給付して頂いておりましたので、合計2,016,00円の返済でした。

 完済に際して思い起こすのは、返済を始めた当時、早期完済。つまり繰り上げ返済に対する奨励金が設定されていたことです。
5年以内の返済完了で、7%の支払減免だったかと思います。

 その時はそこまで考えずに繰り上げないことを決めていましたが、今考えれば、その時点で完済できる手元資金があった場合に、

A.) 繰り上げ返済で7%のリターンを確定させるか
B.) 繰り上げ返済資金を運用に回して7%を超える運用益を実現できるか


 の意思決定をするということだったわけですね。

 仮にギリギリの5年目。つまり残り返済期間が9年残っていた場合、9年間で計7%の利回りを得るには、年利0.75%での運用を9年間続けらればよいわけです。
※B.)では即7%ゲインは得られないので、IRR目線からはA.)が良いでしょうが。

 実際に行ってはいませんが、結果としては、9年前の2007年から今年までの利回りを考えれば、B.)を選択することで、より大きなゲインを得られたわけです(リーマンショックで挫折しないことが大前提ですけども)。

 こうして過去を振り返ることは、簡単である一方で、今後同じような状況に直面した際にどのような選択を行うべきなのかについて示唆を与えてくれると言えるでしょう。

 
太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ パフォーマンス

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

野良仕事三昧

grass-cutting-828544_640.jpg

 お天道様に見放された(?)空模様を尻目に。
連系負担金も払い込んで、前進あるのみの2号発電所の準備を進めておりますが。

 最大にして最強のToDoアイテム。現地の整地(草刈)に着手しました。
初日を終えて、ここまでは刈ったんです。

DSC_0078.jpg

 ここは、ススキがとにかく伸び放題の場所でして、背丈以上もあり、株元から放射状に伸びるススキを刈払うのは、容易なことではありません。

 コツとしては、

・腰丈くらいのところで、一次刈り
・そののちに、株元で本刈り
・ワサッと倒れたススキの束を、ビーバーをタテにつかって短く切っておく
 (と、隣の株に倒れ掛かって、次の邪魔になるようなことがない)

 といったところでしょうか。

 2日目のテーマは「一直線」。
隣地との境界部分を、端から端まできれいにします。

 Afterはこんな具合に。
29762426562_706e63966a_k.jpg

 生憎の小雨模様の中での作業でしたが、これまで気付かなかった土地の性質や特徴にも気づけた部分があって、今後の施工プランへ反映していきたいと思います。

 しかし。
ビーバーをまさに「振りかざして」のススキ払い。
肩甲骨周りばバキバキです(汗


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 2号発電所 整地作業

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

日銀の政策決定を受けて・・・

yen-1576311_640.jpg

 ちょっと遅きに失していますが、9月21日の政策会合で、2%/年でのインフレ実施に長期的に取り組む方針が表明されました。
実現のために、マイナス金利の維持を含め長短金利のコントロールを狙うといった手段が提示されたわけですが。

 手段のことは別として。また、実際にそうなるかどうかも別として。

 もし仮にそうなったことを考えると、「はしくれ」として、少なくとも20年スパンでの長期投資に取り組んでいる身からすると、少なくともそれを上回る運用利回りを実現していかないと、実質資産デフレ状態になるということですよね。
これは、現時点で積みあがっている資産をどう増やしていくかの観点。
 定期預金などの元本確保性商品や、国債等の運用でそれが得られれば万々歳ですが、そうは甘くなさそうです。

 もう1つは。今後の所得が、インフレ率を上回るか、同等で増加していかないと、これまた、実質所得減になるということです。
私はおかげ様で10年を超えるサラリーマン経験を積ませていただいておりますが、この先毎年2%ずつの給与増が得られるとはなかなか考え難い。この部分こそ、まさに構造改革や、企業自体の改革、革新(イノベーション)による新しい「価値」の創造が試されるんでしょう。

 まったく見当違いな観点での考察かもしれませんが、私にとっては、自分の「兜の緒を〆なおす」よい機会でした。


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

農地転用申請における「事業計画書」とは

entrepreneur-696976_640.png

 産業用太陽光発電に土地の調達から携わったご経験をお持ちの方であれば、おそらく多くの方が通る道、「農地転用申請」。
私の場合は、1号発電所が第5条。2号発電所が第4条のケースに該当しています。

 今回、2号発電所は、業者さんが代行してくれないために、自前で準備をしていますが、最寄りの役場からの必要書類の1つとして記載のあった「事業計画書」。

 そもそも、何を書けばよいのか?と思い、電話で伺ってみました。
なお、事前に茨城県土浦市の手引きで予習してから電話しました。

参考:
農地法第4条届出書・必要書類一覧・記入要領


事業の目的
本事業を行う土地
所在:
地積:
地目:
本事業の規模
・発電所規模
・売電期間
・想定発電量:
・想定売電額:
・設備投資費用
・償却期間
本事業に関する資金計画
工事計画

 といった項目の記載を求められました。
また、「農地選定リスト」については、複数の候補地を検討したが、結果として転用を申請する土地が最適であったという検討経緯を述べることが望まれているとのことでした。

 当該自治体では、毎月15日に当月分受理を締め切るとのことでしたので、10月度受理分での申請を目指して準備しなくては!ですね。



太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 2号発電所 農地転用

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

2号発電所の融資枠が確定!

calculator-820330_640.jpg

 先日、2号発電所融資をお願いしている金融機関との打ち合わせを終えていましたが、過日、審査結果が郵送されてきました。

 面談では、昨年度までの太陽光への優遇金利が今年度はすでに無いなど、ちょっと向かい風的なコメントもちらほら見え隠れしていたので、少し不安だった半面、「もし担保評価がよければ、希望枠よりも増やせたら増やしてみますよ」とのうれしいコメントもあり。
正直、「まぁ、申請枠の額面通りで通ればいいや」と思っていたら・・・

 なんと。融資枠が「倍」になって回答が来ました。しかも、金利も予想よりもだいぶ低め。1号発電所の借入金利の半分に迫る勢いです。
※1号発電所はADRライクなスキームで保証制度を使っているので、保証料がイタイ!

 う~ん・・・こぅなると・・・正直だいぶ資金繰りが改善されてですね・・・
「3号発電所」なんてことも脳裏を一瞬よぎってしまいましたが・・・(汗

 
太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 2号発電所 融資

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

2号発電所 連系負担金の払込を完了!

calculator-385506_640.jpg

2号発電所の連系負担金が確定!

 でお知らせしておりました、2号発電所連系負担金ですが、過日払込を完了しました。

 例によって、例のごとく、セブンイレブンでのnanaco+現金決済です。

 これで、2号発電所、引くに引けません!(汗
前進あるのみです。


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 2号発電所 連系負担金

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

過積載の費用対効果検討 - 全発電実績からの試算

Overload, 過積載

 さて、さて。
過積載率Upに対して、追加費用を投じるべきか否かの大(?)検証も第三弾。

c.) これまでの1時間ごとの売電量をベースとして、どれくらい全体で売電量増が見込めるか

の目線で考察してみましょう。

 1号発電所の1時間ごとの発電量データをベースに、過積載を増やすことで得られる売電量が、投資金額の増加率を上回るかを確認します。

 この作業は、裏を返せば、過積載・中程度プランと、さらに過積載プランを比較検討するにあたり、許容できる投資金額の増加率の基準探索をしているとも言えますね。

 これまで同様に、CIS-->結晶型への補正をかけたうえで、中程度プランと「さらに過積載」プランでの想定発電量を、パワコン容量を勘案しない場合と、勘案する場合で確認しますと、

パネルサイズ(kw)想定発電量
(PCカット前,kwh)
想定発電量
(PCカット込, kwh)
69.321,979.4321,682.08
79.3825,176.4324,096.61
増加率+11.13%


 ごらんのとおり、こちらも投資金額の増加率+8%を上回る結果となりました。

 と、いうことで、

a.) 最大発電時にどれくらい発電量増が見込めるか。
b.) 各時間別の平均発電量をベースとして、どれくらい売電量増が見込めるか
c.) これまでの1時間ごとの売電量をベースとして、どれくらい全体で売電量増が見込めるか

 の3つの観点から過積載の拡張妥当性を考察しますと、どうもしたほうがよさそうです。
ただし、資金調達や余剰自己資金に十分にゆとりがある場合ですよね、もちろん。

 この意思決定には、フェンスやパワコン変更等の見積シナリオを加味された最終見積もりの金額と同様に、融資枠の確定も大きな判断材料となります。融資方面については、確認してみようかな。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 2号発電所 過積載 パフォーマンス 産業用太陽光

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

過積載の費用対効果検討 - 平均発電量からの試算

Overload, 過積載

 この記事は、

過積載の費用対効果検討 - ピーク発電時にはどうなるか?

 の続きの記事で、過積載の2プランを比較検討するに当たり、3つの視点で費用対効果を考えたうちの、

b.) 各時間別の平均発電量をベースとして、どれくらい売電量増が見込めるか

 編となります。

 下記表は、1号発電所の時間ごとの平均発電量を集計したものです。(単位:kwh)
powerByHour_No1.png

ここから、

・CIS-->結晶型へ発電量を補正(約91%に補正します)
※この補正は、a.),b.),c.)いずれの試算にも適用しています。

 したうえで、パネル容量に比例して発電量を増加させ、発電量の最大値をパワコン容量の49.5kwhに設定して、発電量を試算します。

 そうすると、
パネルサイズ想定発電量
(PCカット前)
想定発電量
(PCカット込)
69.3243.94243.94
79.38279.43279.43
増加率+14.55%

 となって、投資金額の8%増加を上回ってきます。

 ふむふむ。
とはいえですよ・・・という方のために。

 最後に、1時間ごとの全データを駆使して、投資対効果を確認します。

c.) これまでの1時間ごとの売電量をベースとして、どれくらい全体で売電量増が見込めるか

 へ続きます・・・

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 2号発電所 過積載 パフォーマンス 産業用太陽光

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
2号発電所(78), 産業用太陽光(182), 土地(2), 野立て(1), 3号発電所(11), 日射量(4), 日照時間(2), 1号発電所(92), 確定拠出年金(37), NISA(27), ヤマシンフィルタ(8), パフォーマンス(161), 個別株(66), 401K(40), SMA(15), SUNTECH(16), ソーラーフロンティア(48), シャープ(15), 家庭用太陽光(64), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), つみたてNISA(5), 個人年金保険(1), iDeCo(4), ETF(5), ジュニアNISA(5), バリュー平均(5), キャンペーン(10), 定期預金(12), 楽天銀行(2), 4号発電所(1), 太陽光発電(12), 費用(1), コスト(1), 融資(6), 増設(1), あかつき本社(1), 決算確認(29), ラサ商事(4), ルネサンス(7), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), みずほフィナンシャルグループ(9), プロネクサス(10), 積立(2), 意見交換会(1), 金融庁(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), 草刈(2), 株主優待(4), 配当(9), バリューパス(1), CIS(7), 売却(2), 投資信託(6), 資産運用(1), 除草剤(1), 2周目(2), 長期投資(1), ロールオーバー(2), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 過積載(4), 新FIT法(1), 日産自動車(1), 太陽化学(1), 無リスク資産(2), JHR(1), REIT(1), 積み株(1), 監視カメラ(7), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), 防草シート(1), SunnyPortal(2), エコめがね(5), WebConnect(1), 大戸屋(1), 第一商品(2), 農地転用(7), やってもうた(4), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), パナソニックソーラー(1), 入金(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), 連系負担金(2), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), 貯蓄(11), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ウェルスフロント(2), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), インデックス(1), インデックス投資(1), Wealthfront(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), ポートフォリオ(1), FIT(1), 固定買取制度(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30