遅ればせながら2018年のNISA積立を設定!

nisa.png

 松の内もとぅの昔に明けた今日この頃。
今年のNISA積立設定を終えてみました。

1.その前に・・・NISA or つみたてNISA?
2.で、どうしたの?


1.その前に・・・NISA or つみたてNISA?


 つみたてNISA元年の2018年。投資関係ブログでもよくエントリされていますが、ここにまず触れておこうかなと。
結果として、従来型のNISAを選択しています。非課税期間が最大10年で2024年には制度が終わることになっていますが、
それでもなお。

 理由としては、米国株(含むETF)が使えるから。

 以降示す手元資金状態も大いに影響しています・・・

2.で、どうしたの?

 まず、手元資金状況から。
2018年は太陽光側でだいぶ入り用な一年になりますので、日本円の手元キャッシュが大変重要な一年になります。
実はわたくし、USDを少し手元に持っているため、これを有効活用しようかなと。
そこで、今年は(というか、時間を味方につけるには今年だけだと「分散」できないんですけど・・・)このUSDを活用する元年にします。

 具体的には、塩漬け状態だったUSドルを使って、NISA枠で米国株を押さえに行きます。
とはいえ、NISA枠を埋め尽くして余りあるほどでもないので、投資信託+日本円での積立もコッソリ(?)続けます。
但し。

・日本国債は変動個人10年でも金利が0.05%であり、手数料払ってる場合ではないために、買わない(直接個人10年を買う)
・日本株はウェイトが高め。かつ、「連結」で考えた場合に、配当やら優待狙ってサテライト的にジュニアNISA等でも買付予定のため、これも私自身のNISAでは買わない

 としまして、下記商品の買い付けを設定。

UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
One-たわらノーロード 先進国リート
三井住友TAM-SMTAMコモディティ・オープン
三井住友TAM-SMT米ドル建新興国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
SBI-EXE-iグローバル中小型株式ファンド

 コモディティは、極めて少額で、本当に調査費用というか、授業料というか・・・

 今年もコツコツと。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ ETF ジュニアNISA NISA つみたてNISA 投資信託 株主優待

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月の401K

401K

 成人式も終わった頃にアレではありますが。
2017年12月の確定拠出年金パフォーマンス状況を確認しておきます。
評価額ベースでの資産配分としては、
401K_201712.png

となっており、11月末と比べると・・・
401K_201711.png

 先進国株式(海外株式)のウェイトがじわり上がってますね。
リバランスするの?ってレベルではないですが。
引き続きコツコツと。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ パフォーマンス 401K 確定拠出年金

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

ベース電源が変わるのか? - 「ついに大手電力が「再エネは怖い」と知った」

surprised-1184889_640.png

 刺激的なタイトルではありましたが。
日経エネルギーNextに掲載された記事です。

ついに大手電力が「再エネは怖い」と知った
2018年は日本の電力市場の転換点になる
山根 小雪=日経エネルギーNext2018/01/05 05:001/2ページ」


 象徴的だなぁ、と感じざるを得ないのは、2017年の夏場に火力発電がフル稼働しなかったという点。
夏場は確かに太陽光は発電が伸びますし、晴れて暑いほどクーラー等の需要は伸びるでしょうが、合わせて太陽光も伸びるということでしょうか。

 この事実を踏まえれば、2ページ目に記載がある、直近の電力会社の動き。
例えば、

- 火力をJERAに統合
- 火力輸出(長期契約のLNGを振替え?)

といった動きも「なるほどね」となりますかね。


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

2017年の太陽光発電結果 - 産業用太陽光編

sunlight-422710_640.jpg

 2017年12月の産業用太陽光パフォーマンスについては、1つ前の記事で確認しておりますが、ここで2017年通年のパフォーマンスを簡単に振り返ってお乞おうと思います。

 例によって(?)パネル1kwあたりで確認してみますと、
パネル1kw当り年間発電量(kwh)
1号発電所1,334.81
2号発電所1,221.32
*2号発電所は1月26日から稼働のため、340日分として計算

 ソーラーフロンティア製CISパネルと、多結晶(SUNTECH)パネルの差異は9.4%となりました(CISが上)。
ただ、ミソは、設備投資費用は、CIS側は+9.4%以上かかっているために、投資利回りとしては2号発電所が上という点ですかね。

 上記2基は、いずれも東側に森を抱えているために、夏場明け方の発電に影響を受けているため、CISは少し低めの数字に見えてしまうかもですが・・・

 NEDOデータベースでも山梨や静岡にひけをとらない(位の「色」になっている)地域に設置していることに助けられていますかね。


太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 2号発電所 ソーラーフロンティア SUNTECH パフォーマンス

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

2017年12月の太陽光発電結果 - 産業用太陽光編

sunlight-422710_640.jpg

 遅ればせながらではありますが、続けて2017年12月の産業用太陽光の発電結果を確認します。
1号発電所2号発電所が対象となります。こちらは、まずは12月分のみにて。

1号発電所2号発電所
12月の発電量5529.7(3.24kwh/kw/日)6660.74(3.10)
1日当たり最大発電量245.1(4.45kwh/kw)273.74(3.92)


 1号発電所ソーラーフロンティアのCIS型パネルを搭載しており、多結晶パネルの2号発電所を1kw当りでみた「効率」で上回っていますが、12月全体でみると、+4.5%の差異であり、ちょっと物足りなさを感じます。
山を1つ挟んで隣接する地域に設置しているとはいえ、1号発電所のほうが標高が高く、雲がかかりやすい傾向があることが影響しているかもしれません。

 その影響か、1号発電所は、11月に比べて月全体の発電量が低下した一方で、
SolarNo1_201712.png

2号発電所は、家庭用太陽光同様に大幅な伸びを示しました。
SolarNo2_201712.png

 1日当たり最大発電量(パネル1kwあたり)で行きますと、1号発電所は4.45kwh/kwですが、これは2017年の最大値6.80kwh/kwに対して65%の値となる一方で、2号発電所の3.92kwh/kwは、67.5%となっています。

 パネル角度が、1号発電所が20度。2号発電所が30度であることを考えると、もう少し2号発電所の方が最大値に対する最低値(12月)の値が大きくなるかと思いましたが、そうでもなかったか・・・角度の影響に大差なし!とみるか、CIS/多結晶のパネル違いが影響しているとみるか・・・

SolarNo1_201712max.png

SolarNo2_201712max.png

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 1号発電所 2号発電所 ソーラーフロンティア SUNTECH パフォーマンス

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

天候不順もなんのその?! - 2017年12月(と通年)の家庭用太陽光

wow-2666501_640.png

 三が日もおわったところで・・・遅ればせながら、2017年12月と、2017年通年の家庭用太陽光の発電記録を確認します。
2017年は長雨やらで10月だったり夏場だったり低調な月もありましたが、kwあたり発電量では、過去3年で最大の発電量を記録していました!

まずは、12月分から。

月間発電量:939kwh(3.08kwh/kw)
1日当たり最大発電量:37.9kwh(3.85kwh/kw)

 となり、1か月発電量としては11月実績から大きくV字回復していますが、冬至シーズンであることと、パネル角度が10度程度(屋根乗せなので、正確に測ったことない)であることも影響してか、1日当たり最大発電量は伸びません。
SolarHome_201712.png
SolarHome_201712max.png

 でもって、2017年通期でみますと。
・・と、家庭用太陽光は、途中でパネル増設をしていますから、パネル1kwあたりの発電量に補正します。

2015年1,279.97kwh/kw
20161,327.12
20171,361.12

 となり、2016年実績を34kwh(2.5%程度)上回る結果となりました。

 2015年は3月からの稼働ですから、大きく増加していますね。
これ、実は後から乗せた単結晶が相当発電効率が良くて(ストリングスの設計も影響しているか?)ですね、
実は増設した側だけの系統だけでいくと、2017年は1400kwh/kwを超えていまして、これには正直ビックリ。
屋根自体の日照条件も良いことに助けられていますね。

 33か月の稼働を経て、増設費用を含めて32%の回収進捗に至りました。
100か月前後での投資回収が見込まれますから、FITの10年間の間になんとかおつりがもらえそうな見通しです。
#昼間発電中の自家消費による電気代節約効果は除いて




太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 家庭用太陽光 シャープ パフォーマンス

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : 太陽光発電
ジャンル : ライフ

初春のご挨拶 - 日ノ出時刻に合わせて

日の出

 明けましておめでとうございます。
2018年、本年もみなさまにとって幸多き1年となりますよう、ご祈念申し上げます。
本年も、太陽光発電に携わる者として、初日の出時刻に合わせてのご挨拶でございます。

 今年は、昨年以上に「仕込」花開かせる年となります。(というか、しなければならない)
法人格での所有という新しい形態にもチャレンジ。

 そして・・・新年、心機一転のカミングアウト・・・ではありませんが。
実は、世間の流れに乗ってというか、先駆けてというか。給与所得を得ている就業先が制度を確立したことを受けて、会社のお墨付きを得て「兼業」として太陽光に取り組めることになります。法人格での運用はその第一歩となります。

 また、2歩先、3歩先をにらめば、条件ますます厳しいながらも、継続して低圧案件の仕込は続けて参りたく。
ということで。

 金融商品での運用方面では、円資産は上記太陽光側での資金需要が強いために、むか~しストックオプションで得て円転していないUSドルでの積立を検討します。

 ということで。
今年もガンガン行きます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

太陽光発電所一覧はこちら
投資資産一覧(準備中)

関連するタグ 産業用太陽光 401K 確定拠出年金 NISA 個別株 ETF ジュニアNISA

世の中の最新記事を合わせて確認してみませんか?
太陽光発電はこちらへ | NISA、投資関係はこちら
[ソーラー] ブログ村キーワード
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

K-NakaG

Author:K-NakaG
アラフォー目前にして、NISAを軸に投資を始めました。
インデックス、ETF等の低コスト商品を軸に展開していますが、オルタナとして産業用太陽光発電への投資も始めました。

目指せ(!?)、億り人


主要記事:
太陽光発電所一覧
投資資産一覧(予定)
お問合せはコメントかこちらからどうぞ! follow us in feedly
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ

リンク
タグ一覧
パフォーマンス(197), 家庭用太陽光(75), シャープ(23), 18円(1), 産業用太陽光(324), NISA(50), ETF(11), 確定拠出年金(47), 2号発電所(112), 1号発電所(114), ソーラーフロンティア(60), 401K(49), 住民説明会(7), 3号発電所(37), 監視カメラ(12), 配当(19), 個別株(89), SUNTECH(27), 株主優待(14), 保険(1), 償却(1), 消費税(2), ロールオーバー(3), 小規模企業共済(1), 18円案件(1), 政策金融公庫(1), 融資(16), 5号発電所(27), 7号発電所(19), 6号発電所(10), 21円案件(5), 投資信託(10), 定期報告(3), 土地(14), ニセアカシア(1), 停電(2), バリュー平均(8), 農地転用(15), 台風(1), 倒木(1), 設置費用報告(2), ポートフォリオ(2), 生産性向上特別支援(3), シミュレーション(4), 連系負担金(5), 4号発電所(13), 草刈(3), WebConnect(5), 第二種電気工事士(2), やってもうた(6), パイプライン(1), ジュニアNISA(13), 法人設立(4), 定期預金(14), 太陽光発電(18), フェンス(2), 開発規制(1), KDDI(2), 8号発電所(1), みずほフィナンシャルグループ(10), iDeCo(5), 認定(1), 防草シート(2), ルネサンス(8), 決算確認(31), ラサ商事(5), プロネクサス(12), キャンペーン(11), 貯蓄(12), LTEルーター(4), 申請不備(2), 過積載(7), SMA(19), インヴィンシブル投資法人(1), 兼業(2), すかいらーく(1), ジャパン・ホテル・リート投資法人(1), 確定申告(3), 米国株(3), まちエネ大学(3), タカラレーベンインフラ投資法人(1), 伐採(1), IXP(1), VT(1), T(1), PFF(1), JXI(1), NGG(1), つみたてNISA(7), ヤマシンフィルタ(10), エコめがね(6), 土地契約(1), 土地決済(1), 法人化(1), 日産自動車(2), Qcells(1), 野立て(1), 日照時間(2), 日射量(4), 発電量差異(16), オフグリッド(1), テンバガー(1), 個人年金保険(1), 楽天銀行(2), 費用(1), コスト(1), 増設(1), あかつき本社(1), 未成年口座(1), モリト(4), オーナンバ(4), 積立(2), 金融庁(1), 意見交換会(1), 経営力向上計画(1), 発電量予測(1), 分譲(1), バリューパス(1), CIS(7), 売却(2), 資産運用(1), 除草剤(1), 長期投資(1), 2周目(2), 除草(2), 再生エネルギー賦課金(1), 新FIT法(1), 太陽化学(1), 無リスク資産(2), REIT(1), JHR(1), 積み株(1), トラブル(1), タカラレーベン・インフラ投資法人(2), 発電比較(1), SunnyPortal(2), 大戸屋(1), 第一商品(2), オムロン(2), パワコン(1), プランニング(1), 工事(4), 入金(1), パナソニックソーラー(1), ソラプレ(1), 配当金(2), 日本株式(1), 降雪(2), 電圧抑制(5), 産業用太陽光2号発電所(1), 整地作業(1), スポット購入(2), パネル増設(2), 分配金(2), 点検2016夏(3), 動物対策(1), 検針票(1), ソニー銀行(3), 株主総会(1), 大戸屋ホールディングス(3), パフォーマンス個別株(1), 業績モニタリング(1), 購入(2), 太陽光実績(1), スイッチング(1), ロボティクス(2), ロボ・アドバイザー(2), ウェルスフロント(2), インデックス(1), Wealthfront(1), インデックス投資(1), 設備選定(1), 発電量(2), 401k(2), 手数料(1), 固定買取制度(1), FIT(1), モニタリング(1), 節税(1), 日本国債(5), 円定期(1), 追加投資(2), メンテナンス(1),
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
人気記事Ranking
非リンクRanking
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ID:7x7x30